Top > 政治 > 首相 核不拡散で貢献策表明へ

首相 核不拡散で貢献策表明へ

最近は、世界的に核問題について積極的に話し合われていますね。

鳩山由紀夫首相は12日午前(日本時間13日未明)、政府専用機でワシントンに到着しました。

首相は、当地で12、13両日に開かれる核安全保障サミットに出席し、核不拡散に向けた日本の貢献策を表明するとのことです。

また、オバマ米大統領とも意見交換の場を持ち、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、5月中の決着を目指して検討作業を続ける方針を伝えるそうです。

鳩山首相も必死ですが、これからどうなっていくことやら。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

首相 核不拡散で貢献策表明へ

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://kidsroom.boo.jp/mt/mt-tb.cgi/7

コメントする

政治

関連エントリー
参院選 オランダ戦対応に苦慮民主、公約に「消費税」明記露大統領 核問題でイラン非難菅氏G20欠席 発言力より低下口蹄疫 赤松農相が初めて陳謝タイ 日本人の生活も正常化へ政府 中国中間層へも観光ビザタイ大規模デモ 死者7人に米「テロ未遂にタリバン関与」鳩山首相「5月末決着」変更なし鳩山首相、小沢幹事長続投を支持 事業仕分け 「政治ショー化」懸念も 「私が党首、舛添新党」と新党に明言 沖縄県連 首相に徳之島撤回を要請 韓国の竹島周辺調査に抗議 中国艦隊通過、問題視せずと平野官房長官 首相 核不拡散で貢献策表明へ