Top > 経済 > 景気判断据え置き 悪化歯止め

景気判断据え置き 悪化歯止め

ここ最近で、景気判断が悪化していましたが、どうなるでしょうか。

菅直人副総理兼経済財政担当相は16日、4月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出しました。

景気の基調判断は「着実に持ち直してきている」とし、8カ月ぶりに上方修正した3月の表現を据え置きました。

企業収益が改善し、雇用や所得の悪化に歯止めが掛かる状況が続いている状況が続いているそうです。

とりあえずは、景気回復の第一段階にきているということでしょうね。

このまま、景気回復していってほしいですね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

景気判断据え置き 悪化歯止め

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://kidsroom.boo.jp/mt/mt-tb.cgi/18

コメントする

経済

関連エントリー
政府、景気「回復」を宣言へ主力級の種牛5頭 感染シロIMF世界経済成長4.25%と予想アップル、時価総額でMS抜くダウ 3か月半ぶり1万ドル割れ日産ゴーン社長「13年にはEV8車種」前原氏「消費税率引き上げを」NY株が急反落 一時264ドル安新世代マクドナルド「黒マック」の勝算は?関西、伊丹両空港の経営統合へ アメリカ、偽造防止に新100ドル札 松屋のアルバイトが労働組合を結成 三菱UFJ系、破たんアメリカ地方銀行買収景気判断据え置き 悪化歯止め 野菜高騰で植物工場株が注目 1-3月ビール出荷 キリン首位死守