Top > お腹ダイエットを目的として

お腹ダイエットを目的として

おなかやせには、ウォーキング(ムリをしないでコツコツ続けていくことが重要でしょう)が効果的と思っています。

お腹ダイエットを目的としては腹筋などの筋トレ(自重を使って行うものから専門的な器具を使うものまで色々な方法があります)も有効ですが、既に関してしまった脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)をおとす為には有酸素運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)をするのをおすすめします。

有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)で脂肪を燃焼させると、お腹痩せできると思います。

もちろん、ウォーキング以外にも、ジョギング(最近では、ウォーキングに近いペースで赭るスロージョギングも流行っているようです)やサイクリング(スポーツとして、もしくは、娯楽として自転車に乗ることをいう場合が多いでしょう)、スイミングなどと言った有酸素運動をしても、お腹ダイエット(睡眠不足や栄養不足が妨げになってしまうことも多いようです)可能です。

でも、最も手軽で続けやすいのがウォーキング(最も手軽で健康への効果が高い有酸素運動でしょう)なんですね。

運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)靴(ABCマートでは、大きめのサイズから試着させるそうです。その方が買われやすくなるのだとか)さえあれば、すぐにでも始められます。

それに、かいものや通勤、通学の際などに、少し歩く距離を増やしてウォーキング(始めやすい有酸素運動として人気ですが、正しい姿勢・歩き方で行わないと、膝や腭などに負担がかかります)する事も可能ですね。

とは言っても、ただ歩けばウォーキング(日本スリーデーマーチや龍馬ハネムーンウォークin霧島など、ウォーキングの大会も開催されています)になるわけではないんです。

正しい方法でウォーキング(日本スリーデーマーチや龍馬ハネムーンウォークin霧島など、ウォーキングの大会も開催されています)しないと、おなか痩せ効果は得られありません。

まず、背筋(ムリをするといためやすいので、トレーニングの際は慎重に行いましょう)を伸ばして、両腕を必ず振ります。

両腕を振ることで全身運動になりますから、ちゃんと振りながら歩いましょう。

加えて、腰を捻るようにして歩くことで、軽い腹筋(何もしないと筋肉が落ち、脂肪がついてしまうところでもあります)運動になります。

また、脂肪燃焼(健康的なダイエットのためには、ぜひとも必要なことですね)効果を高める為にも、できれば二十分以上継続する事によって歩くようにして下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

お腹ダイエットを目的として

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://kidsroom.boo.jp/mt/mt-tb.cgi/370

コメントする
関連エントリー