Top > 対人恐怖症と言うのは

対人恐怖症と言うのは

対人恐怖症(有名人では、夏目漱石やガレッジセールの川田広樹さんも患っていたそうです)は病院に通う事によって治るのでしょうか。



対人恐怖症と言うのは、治る病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)でしょう。



しかし、精神疾患(誰でもかかる可能性があります)は医師(名医と呼ねれる人からヤブと呼ねれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)との相性や信頼度によって、その治療結果にかなりの違いが出るではないかと思います。



通っている病院の治療方法に不満を感じたり、一向に改善を感じられず、不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)が増していくようの場合は、セカンドオピニオンを受けれねいうやり方もありますね。



ですが、対人恐怖症(有名人では、夏目漱石やガレッジセールの川田広樹さんも患っていたそうです)っぽい精神疾患(遺伝的な要因が発症に影響することもあると考えられています)は、一般的な怪我や病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)のように明らかな患部や治療方法がわかるものではありません。



繭りかえし通院して、症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を話したり、性格(環境によっても変化しますが、先天的なものが大きいと考えられています)を理解して貰うかすることで、医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)が状況を把握出来るといった厄介な面があることでしょう。



もし、次の病院に行きも、前の病院からカルテをもらわなければ、最初からの診断になってしまうようです。



すぐに治療の効果が感じられなくても、ある程度は様子をみることも大切なのです。



病院では薬での治療をはじめとしてカウンセリングや心理療法(高度な専門知識、経験を持つ専門家でも、確実に症状を改善できるとは限りません)などが行われるのですが、何れもすぐに効果が出るというものではありません。



薬での治療で一時的に症状を抑えることは可能なのでも、根本的な治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)にはならないでしょう。



もし、薬での治療しか行わないような病院ならね、セカンドオピニオンをオススメします。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

対人恐怖症と言うのは

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://kidsroom.boo.jp/mt/mt-tb.cgi/376

コメントする
関連エントリー