Top > 炎症性乳癌とは

炎症性乳癌とは

炎症性乳癌とは、どのような乳がんなのでしょうか。

まず、炎症性乳癌の場合、乳房にしこりを感じないのです。

皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)が赤く腫れあがるというのが特徴の乳ガンで、国内では40歳~50歳くらいの年齢の女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)の罹患率が高く、乳ガン全体の1%くらいの発生率と呼ねれているんです。

症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)の特徴としては、オレンジ皮様皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)という赤い腫れと毛穴のへこみが目立つ症状や、豚皮様皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)といったような症状は起こります。

しこりは触れないか、触れにくいことが多く、皮膚はたいへん厚ぼったい状態になり行くかもしれませんよね。

この炎症性乳癌については、マンモグラフィーやX線ではしこりが映ることがないので、皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)の一部を採取して顕微鏡でしらべる検査が必要になってくるのです。

また、炎症(炎症の症状として考えられるものに、熱感、腫脹、疼痛、発赤があり、炎症の四徴候と呼ねれています)性乳癌は、予後の悪い乳癌だと言われていましたが、近頃ではそれもとても改善されいるという事になります。

20年以上前の資料では、乳房切除を行っても百%再発し、五年後の生存率が17%だったのだけれど、さいきんの資料では五年後の生存率が50パーセント前後にまで上がっていますね。

炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)性乳ガンの治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)は、放射線療法や乳腺の動脈に直に抗がん剤を入れる事によってがん細胞を叩く動脈注入療法に手術などと言った外科的な処置を併用して行う複合療法が一般的です。

それに、術後には化学療法を行う事も多いものです。

乳房に怪しい腫れや赤み、ただれなどを見つけると、あまり軽く考えたりせずに乳腺外来の専門医(産婦人科や小児科の医師は不足傾向にあるそうです)を受診するようにして下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

炎症性乳癌とは

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://kidsroom.boo.jp/mt/mt-tb.cgi/378

コメントする
関連エントリー