Top > 食べ物にも白髪が増えてしまう原因

食べ物にも白髪が増えてしまう原因

食べ物にも白髪が増えてしまう原因となる物があるみたいです。



それは、コーヒー(夏にはアイスコーヒーも好んで飲まれます)や辛い食べ物、アルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)などですね。



これらは過剰に摂取してしまうと、体にはすごく強い刺激となり、白髪が増えてしまう原因になってしまうでしょう。



しかし、刺激物は血行を促進させてくれたり、リラックス(心からリラックスしていると、人にはみられたくないようなだらしない格好をしていることも珍しくないですよね)効果を持っています。



そのために、適度に摂取する分には良い作用を起こしてくれるでしょう。



ただ、過剰に摂ってしまうと、胃腸等の消化器系が影響を受けてしまい、髪にまで栄養が行き届かなくなってしまうようです。



また、糖分(糖質とも呼ねれます)の多く入っている食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)や飲みものも白髪の要因となるのです。



それに、スナックやジャンクフード、揚げ物には、大量の油分が含まれています。



この油分も毎日みたいに摂っていると、毛穴が詰まってしまったり、頭皮(最近では、ヘッドスパも人気ですね)が炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)を起こしたりして、白髪が増えてしまうだといわれているのです。



それから、体が冷え(朝起きて、お腹を触ってみて、冷たいと感じるようなら内臓が冷えてしまっています。疲れやすさやどこかしらの不調を感じていることでしょう)てしまうと、冷え性や肩コリ等の血行不良(血液の循環が良くないことをいいます)が起こります。



すると、髪に栄養が届かずに、白髪が増えてしまうでしょう。



きゅうりやなす、すいかやトマトと言った体を冷やす食材や冷たい飲みものなどにも注意するようにして下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

食べ物にも白髪が増えてしまう原因

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://kidsroom.boo.jp/mt/mt-tb.cgi/380

コメントする
関連エントリー