Top > スポーツ

スポーツ

スポーツ一覧

日本代表 10日はモザンビーク戦

日本代表が最後の練習試合をするようです。 日本サッカー協会の原博実強化担当技術委員長は8日、サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に出場する日本代表が10日に当地でモザンビークと練習試合を行うと発表しました。 30分を3本行う予定ということで、最後に良い試合ができるでしょうか。 モザンビーク

日本代表 10日はモザンビーク戦の続きを読む>

J2首位の柏 開幕から11戦無敗

柏レイソルがJ2で好調のようですね。 Jリーグ2部(J2)は9日、第12節の残り7試合が行われ、首位の柏は岐阜に2-0で快勝し、勝ち点27としました。 柏は開幕から11戦負けなしということで、2位の千葉は福岡と引き分けに終わり、柏との勝ち点差は3に広がりました。 3位の甲府は4位の徳島に競り勝ち、勝

J2首位の柏 開幕から11戦無敗の続きを読む>

W杯招致は2022年大会に一本化

6月にワールドカップが行われますが、日本の単独開催を目指しているワールドカップで、目指す方向が見えてきました。 日本サッカー協会の犬飼基昭会長は、日本が招致していた2018、22年W杯について、今後は22年大会開催に絞って活動していくことを明らかにしました。 これまで、色々と話を進めていきましたが、

W杯招致は2022年大会に一本化 の続きを読む>

能見 右足甲はくり骨折で抹消

能美選手は、今や、阪神のエースとして活躍し、安定感抜群ですが、緊急事態になりました。 阪神は3日、能見篤史投手が右足甲の剥離(はくり)骨折と診断されたと発表し、1軍選手登録を抹消しました。 2日の巨人9回戦(甲子園)で走塁中に痛め、退いていました。

能見 右足甲はくり骨折で抹消の続きを読む>

小笠原W杯への思いぶちまける

鹿島アントラーズの小笠原選手は去年のMVPですが、日本代用にはなかなか呼ばれていません。 そんな鹿島MF小笠原満男が、横浜M戦で先制アシストと決勝ゴールを決める大活躍を見せ、試合も敵地で3―1と快勝し、4試合ぶりの勝ち点3を獲得しました。 W杯への思いは日に日に強まっているようで、最終候補に名を連ね

小笠原W杯への思いぶちまける の続きを読む>

ダルビッシュ 6試合連続2ケタKならず

ダルビッシュは、いつも凄いピッチングをしていますが、今回はダメでした。 北海道日本ハムのダルビッシュ有は24日の東北楽天戦に8回6奪三振に終わり、連続2ケタ奪三振は5試合で途切れ、プロ野球タイ記録達成はなりませんでした。 試合も東北楽天が3対0で勝利ということで、先発・岩隈久志が2安打完封で3勝目を

ダルビッシュ 6試合連続2ケタKならず の続きを読む>

プロ野球視聴率 地元では堅調

プロ野球の視聴率が悪くなっており、人気低迷がささやかれているプロ野球ですが、実際はそうでもないみたいです。 プロ野球が開幕した。巨人戦の視聴率不振から、野球人気低迷と見る向きもあるが、逆に言えば、野球が地域密着型スポーツとして定着してきたとも言えるのです。 サッカーも地域密着型ですが、野球もそちらに

プロ野球視聴率 地元では堅調 の続きを読む>

松井秀の名復活 オールスター投票開始

メジャーリーグの公式ウェブサイトで、7月13日にエンゼル・スタジアムで行われるオールスターゲームのファン投票がスタートしました。 日本人選手では、イチロー外野手、昨季に投票ページに名前が記載されなかった松井秀喜外野手、岩村明憲二塁手、松井稼頭央二塁手、福留孝介外野手と、計5人の日本人選手がノミネー

松井秀の名復活 オールスター投票開始の続きを読む>

女子ゴルフ世界ランク1位オチョアが引退

ちょっと驚くニュースが、ゴルフの世界からきました。 女子プロゴルフの世界ランキング1位ロレーナ・オチョアが20日、現役引退を発表しました。 メキシコでの引退報道を受け自身の公式サイトで「一部の報道にあるように、ロレーナ・オチョアは女子プロゴルフツアーから引退します」と発表しました。 現役の世界ランキ

女子ゴルフ世界ランク1位オチョアが引退 の続きを読む>

JBC 亀田史郎氏を「永久追放」

亀田父は、今までも様々な問題を起こしてきましたが、今度こそもうダメでしょうか。 3月27日の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座統一戦で、敗れた亀田興毅(亀田ジム)の父史郎氏が試合後に立会人らに暴言を吐いた問題で、日本ボクシングコミッション(JBC)は13日、東京都内で倫理委員会を開き、史郎氏

JBC 亀田史郎氏を「永久追放」 の続きを読む>

松井秀、662日ぶり守備

松井秀喜外野手は、守備もしたいということで、今季からエンゼルスに移籍しましたが、その念願が早くもかないました。 米大リーグ、エンゼルスの松井秀喜外野手(35)が8日(日本時間9日)、本拠地・エンゼルスタジアムでのツインズ戦に「4番・左翼」で出場し、八回裏に左前打を放ちました。 公式戦としては200

松井秀、662日ぶり守備の続きを読む>

西武ドラ1・雄星、練習試合で大乱調

菊池雄星と言えば、昨年のドラフト会議で6球団から指名され、西武に入団して話題になりましたが、なかなか苦戦しているようです。 西武のドラフト1位、雄星投手(18)(菊池雄星、花巻東高)が8日、社会人の日本通運との練習試合(西武第2)に先発し、3回無安打だったが、7四死球1失点と制球が乱れました。 この

西武ドラ1・雄星、練習試合で大乱調の続きを読む>